しかし、無謀とも思える

車いすの母との湯河原旅行で得たものは大きいです。

 

事前準備として

まずJRで大宮駅まで行ってみました。

はとバスに乗ってみました。

自宅で入浴に挑戦しました。

軽井沢までドライブしてランチしました。

東京までドライブしてコンサートを見ました。

東京駅で車イスでの新幹線の乗換は超難関コースであることが判明しました。

 でも20分あればギリギリ乗り換えられそうだということもわかりました。

 でもトイレに行きたいとか

 エレベーター待ちを2回以上したらアウト!ということもわかりました。

 

一つ一つ、経験するたび

自信をつけたり、失敗したりしながら

やれることと無理なことと

不可能ではないが無理しすぎて

体中が痛くなっちゃうことがわかりました。

 

 

そして平日、施設でベットの天井を見つめて過ごしている母が

スケジュールを気にして

ドキドキして過ごすことができました。

 

さて、懲りずに8月25日26日は

三島に行ってきます。

三島駅近くの三島西キリスト教会の礼拝に参加するのが私の目的です。

初めて東横インのハートフルルームに宿泊します。

ハートフルルームとは障がい者手帳の人しか利用できない

東横インの全国共通のお部屋です。

ここの使い心地はいかに・・・

母の楽しみは

何を食べよう。何を見よう。ですから

グルメや観光案内も調べまくってます。

 

さてさて、

もう旅は始まっています!

 

ということで、車いすの母と

湯河原旅行というのは

ハードルの高い旅でした。

 

愚痴ではないのです!

 

でも笑っちゃうことはたくさんあります。

 

トイレ事情が多いかな?

 

(ハズキルーペのノリでお読みください)

手すりが離れすぎてて、

お尻が便器に届かない!

 

ウォシュレットのスイッチが後方にありすぎて

座ったままで、スイッチが押せない!

 

ウォシュレットのスイッチが

トイレごとに違うから

座ったままで、どこにあるかわからない!

 

トイレットペーパーホルダーの位置が高すぎて

座ったまま届かない!

 

洗面台で手を洗いたいのに

車いすがつかえて、手が届かない!

 

愚痴ではありません。

脳トレです。

リアルなRPG(ロールプレイングゲーム)です!

 

だって、そもそも障害のある人って

たっくさん!のバリエーションあるでしょ?

 

母が使いやすくても、万人むきじゃないしね。

 

でもね。

せっかく障がい者用のトイレを設計される方。

ぜひ、自分で車いすに乗って使ってみてください。

 

ユニバーサルデザインって

設備を設置するとじゃなくて

使う人のことをイメージすることだと思う。

 

偉そうなこと言ってすみません( ;∀;)

 

一番お気に入りは群馬のガンセンターのトイレです。

通常の障害者トイレの開閉は「開」「閉」のボタンを押すことが多いのです。

室外の「開」→室内の「閉」→室内の「開」→室外の「閉」の順じゃないと

壊れちゃったりします。

 

群馬ガンセンターの場合は

ドアを開けると、半自動でスーと空きます。

閉める時も、ちょっと閉めてあげれば半自動でスーっと閉まります。

ノブでロック、ロックオフします。

操作が単純で力もいらないのがお気に入りです。

 

 

 

 

一応、セミナーのチラシにはバリアフリーのホテルと記載がありました。

ホテルにも、ユニバーサル仕様の客室があるとの記載も・・・

しかし、この「バリアフリー」って、すごく曖昧な表現だなって思います。

 

例えば、館内が車いすで移動可能というのもバリアフリーです。

今回のホテルは、このレベルのバリアフリーだったと思います。

 

部屋は、洋室でしたが、トイレには車いすで入れません。

5階の一番先っぽにある部屋でしたが

トイレのたびに、長い廊下を走り共用トイレを利用しました。

 

障害者用のトイレもあるのですが

ウォシュレットがない!

狭くて、センサー付きのドアが閉まらない!

 

で、女性トイレへ

ここで、様々なテクニックと馬力を駆使して

利用したわけです。

 

部屋のベットは左側に降りる仕様で

これが、母にとって事故後初めての体験となり

手すりのないベットの起き上がりは

二人して全力投球でした。

 

文句じゃないです。

こんなところに、そもそも歩けない母を連れてきてしまった

花子店長の責任です。

 

事前に、ホテルに電話して、施設のバリアフリー状況についても

確認していました。

タオルは、備え付け以外にも貸してもらえるのか・・

部屋のトイレは車いすで使えるなか・・・

浴室は車いすで利用できるのか・・・

 

などなど・・・

ほぼ「NG」でした。

ですから、覚悟はしていたんです。

 

新幹線、ホテルとロールプレイングゲームのように

次々と押し寄せる環境に立ち向かうのは

なかなかの介護テクニックです。

 

また何をするにも母の協力が必要で

楽しそうだな・・・

やってみたいな・・・

と思わせることも重要なミッションであります。

 

 

そのほかにも大事なのは事前の下調べ

入念なタイムスケジュール作成。

・移動ルートの確認

・持ち物の確認

・万が一の対象方法の検討

 

いざ本番になったら、何事にも動じないハート。

 

体力!

介助するのに必要な筋力トレーニング!

 

金銭的ゆとりも大切。

万が一の時でも、お金があればどうにかなります。

・指定席の列車に乗れなくても、クヨクヨしない広い心 など

 

 

 

7月23日24日は

湯河原で教会のセミナーがあり

それに便乗して母を連れて行ったのだが

 

ある方の、事前アドバイスでとても救われた。

「セミナーは、5分でも参加できたら十分ですよ。

 お母さまと、ゆっくり過ごしてくださいね」と

 

ですから、あまりガツガツせずに母のペースで過ごすことができました。

 

母は「温泉には入らない」と言っていたのですが

二人で浴室見学に行ってみると

「入ってみようかな??」というので

入浴に挑戦してみました。

 

ちょうどセミナー中だったせいもあり

浴室は私たち二人の貸し切り状態。

あんまりいいことじゃないと思うけれど

洗い場に車いすで移動。そこで障がい者用の1個だけあった

パスチェアーに移乗。

体を洗ったら、車いすで湯舟へ

湯舟の周りはゴツゴツした岩場になっていて

手すりはあったけれど

入浴は必死でした!

でも、どうにか二人でお湯につかれました。

 

JUGEMテーマ:日常

 

 

なんと・・・

2か月ぶりの更新です。

 

7月18日 久しぶりの検診。 後遺障害認定の診断書作成依頼をしました。

7月20日 新宿で音楽コンサートがあり、両親と車で

     関越、三芳パーキングでランチ。

     父は蕎麦、母はラーメン。三人でソフトクリーム。

     それから、父は物産品コーナーで買い物。

     母は、崎陽軒のシューマイ弁当を購入。

     両親の活き活きとした表情はうれしいものです。

    トイレも使いやすいし、車いすでの移動も楽なパーキングエリアは

    安心して楽しめます。

    午後2時から、テノールとピアノのコンサートに

    やっぱり都会は芸術鑑賞のレベルが高い!

7月23日〜24日

    母と新幹線で湯河原のホテルに宿泊。

    上越新幹線で熊谷から東京 東京から小田原まで東海道新幹線

    小田原から湯河原まで東海道線

    湯河原からホテルまではタクシー

    一番、困ったのは東京駅乗換え

    上越新幹線から東海道新幹線の乗換改札を通過しようとしたところ

    車いすでは利用不可とのこと(エレベータがないため)

    すぐに案内スタッフをリクエストしたのもの

    「乗換時間15分では困難です!」と言われ

    車いすで移動できるルートはスロープ、エレベーターが必要で

    気が動転するほどで、しかも東海道線のエレベータは博多寄りで

    指定席車両は、ずっと埼玉寄りで、最後はホームを全力疾走して飛び乗りました。

 

    これは帰りも同様で、事前に乗換スタッフを依頼したつもりが

    どうも小田原でサービスを遠慮したせいだと思うが、

    東京駅にいるはずのスタッフの姿がなかった。

    覚悟を決めて、自力で車いすを押して乗換。

    東海道新幹線の埼玉寄りの指定席車両をおりエレベータの場所を聞くが知る人はいない。

    一か八かホームを博多寄りに向かって走っていくと、エレベータを発見。

    エレベーターをジリジリと順番待ちして

    近くの改札で、どこに行ったらいいか確認。一回の説明ではまったくわからないので

    とりあえず、どっちに行ったらいいか聞き、

    その先で、「車いすで上越新幹線に乗るにはどっち?」と聞きながら

    一瞬のミスを許されないまま突っ走る。

    上越新幹線のエレベータに上ると、ほぼほぼ指定席の車両近くだったので

    ほっと一息だった。

 

    東京駅の新幹線乗換はjr東海とjr東日本をまたがるので

    乗換案内の依頼も、乗換ルートの超難関であることを思い知らされる。


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM