おかしな夢

  • 2020.05.25 Monday
  • 15:08

久しぶりに夢を見ました。

 

コロナで品薄になっている塗装用の「防塵マスク」に不具合がありました。

そこは何故か以前の職場(金融系IT企業)で

テストルームで営業店のパソコンを操作し原因を調査することに。

ところが、久しぶりの調査で、すっかりやり方を忘れていて困惑するという夢です。

 

以前の職場で「トラブル発生時の緊迫感」が久しぶりに蘇りました。

 

久しぶりと言えば、母方のいとこ9名のライングループができ近況などが聞けました。

9名は

・沖縄

・横浜 2名

・札幌

・タイ(バンコク)

・北京(現在は一時帰国中)

・大和

・山口

と、別々の場所にいますが、今度オンライン飲み会をすることになりました。

この9名は、子供時代に毎年お正月に横須賀の実家に集まり、それはそれは楽しい思い出がたくさんあります。

 

9名は9歳の年齢差があり、花子店長ともう一人の従兄が年長です。

花子店長が車の免許をとったときは、元旦の夜、従妹だけで鎌倉や横須賀のお化けの名所トンネルをドライブ。

それはそれはスリリング(特に年少の子たちにとっては)な体験でした。

 

おせち料理は大人と子供でテーブルが分かれていて

子供のテーブルは料理の奪い合いで大興奮。

お皿がテーブルに着地する前に、みんながおかずをとってしまいます。

 

夜になると従兄の部屋のベットに集まり、電気を消して、カセットテープで「銀貨鉄道スリーナイン」の中でも怖い話ばかりを聞きます。小さな子たちは恐怖で泣き出してしまいました。

 

こんなに仲の良いイトコを与えてくれた祖父母と両親、おじさん、おばさんたちに

「ありがとう!」と伝えたいです。

 

 

2週間ぶりに実家へ

  • 2020.05.23 Saturday
  • 16:56

金曜の仕事帰り、2週間ぶりに実家へ行きました。

 

母は相変わらず、介護福祉施設で外出・面会不可。

 

夕飯は「永楽」で父とタンメン・餃子・チャーハン。

帰宅後、10時半まで、父の話をじっくり聞き

郵便物の整理をして入浴後、就寝。

 

早朝、父は公園へウォーキングへ

戻ってから二人で朝食。

母の施設に洗濯ものを届けました。

エントランスへ行くと、母が、境界線ギリギリまで出てくてくれて

電話で話をして手を振りました。

 

その後、父と公園隣のコンビニの駐車場で、ドリンクを飲み

父のズボンを買うためユニクロへ行きました。

 

父は、たくさんズボンを持っているのに

薄いペラペラの綿のズボンをはいており、まるでパジャマみたいです。

他のズボンを薦めたら、理由がわかりました。

 

手先が思うように動かない。

爪が割れている。

指がささくれ立っている。

といった状況で、ウエストのチャック、ボタン、ヒモが使えません。

 

また足がフラフラで片足で立つことが困難なため

腿や足首がフットするようなデザインは着脱できないのでした。

 

やはり父本人が選ばないと、気に入った衣類が買えないので

父にもユニクロに同伴してもらいました。

車から降りるだけでも、時間がかかるのに

そこからエントランス、さらに棚を周るのがかなり

厳しそうでした。

 

エントランスで店員が検温し、アルコール消毒をして入店。

開店直後だったので、わりと人も少ない時間帯でした。

店員さんに要望を伝え、商品を選んでもらい、

父が質感やデザインを確認してズボン、靴下、ポロシャツを

決めました。

 

ここで父は車にもどり、私がレジをすませたところで

気づきました。

ポロシャツの襟のボタン・・・

これは、着脱が難しくいことを。

すぐに返品。Tシャツに変更しました。

 

なるほど・・・

高齢者の服選びとは、デザインに加え

着脱、着心地がポイントなんだと・・

 

実家に帰宅後、引き出しから金の印鑑ケースを発見。

24KPGと記載があり、24金?

1gの時価が6500円だと78万円。

鑑定してもらおうと父に言うと

「そんなわけないよ。1万円なら売ろう」と笑われました。

そこで買い取り専門店にもちこんだら

「メッキは買取していません」とあっさり。

 

そんなものですよね。

 

あ~ ほっとした。

実家に高価なものがあると思ったら

不安で眠れないもの。

 

もうすぐ紫陽花の季節

  • 2020.05.18 Monday
  • 09:16

 

小雨の降る朝。

船津塗料店前の紫陽花がつぼみをつけました。

鮮やかなグリーンに癒されます。

Stay Home 3 (床をピタフィーで張り替える。)

  • 2020.05.05 Tuesday
  • 12:42

築26年目の我が家は、数年前からフローリングの痛みがひどく

友人のお勧めの 東リのピタフィー で張り替えをしました。

 

色:LPF522(ウォールナット)を採用。

 

4月29日:事前の作戦会議(花子店長と次男)

 

5月2日:リビングの張替 (作業:花子店長と次男)

     家具の移動および新しいテレビの設置(作業:夫と次男)

 

5月3日:玄関と廊下の張替え(作業:花子店長と長女)

 

 

左:傷んだフローリング  右:作業の様子(頼もしい相棒)

 

   

リビング:Before                   After(ピタフィー張替後)

明るいトーンの部屋になりました。いい感じです。

「東リさん」の商品にしてよかった。品質は間違いなし!

 

 

 

  

玄関:

左 Before(玄関ドア前) After(トイレドア前 )

玄関は外の光が入らないので電気をつけないと真っ暗です。

ピタフィーに張り替えて玄関が明るくなりました。

 

廊下:After(トイレドア前)

リビングから左に曲がると玄関に続く廊下です。

アレスシックイの白とピタフィーの床で明るくなりました。

 

張替えで頭を使うのは端っこの凸凹でした。

  

 

左はドアストッパーを含む超難関箇所で

長女が担当しました。素晴らしい出来栄えです。

隠れた才能を発揮しました。

 

夕飯は夫と次男でたこ焼きを焼いてくれました。

イライラすることもなく作業を終えることができ

良かった良かった。

Stay Home 2

  • 2020.05.05 Tuesday
  • 12:30

今回、アレスシックイを選んだのは

お客さんからの情報でした。

 

お客様は、体の弱い奥様を気遣い、シックハウスを気にされ

ご自分で調べてアレスシックイを塗装されました。

 

感想を聞いてい見ると、

「奥様の体調も好調で、室内環境も改善されました。

 洗濯ものを室内干ししても匂わないんです」とのこと。

 

改めてアレスシックイ(漆喰塗料)を調べてみると

ウイルスに対する効果もあります。

https://www.kansai.co.jp/shikkui/index.html

 

この漆喰塗料の効果に惚れ込み

塗替えを決意したわけです。

 

今後、リビングも塗り替えたいと考えています。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM