最近キッチンの排水口がつまりぎみで

マンションの2年に1回の

高圧洗浄まで待てない❗

 

ということで、マンション管理会社から

火災保険の『暮らしのQQ隊』サービスを

紹介されました。

 

30分以内の応急措置なら

無料です。

 

依頼があると365日24時間かけつけて

くれるそうで

当日にもかかわらず、

帰宅後の時間に来ていただけました。

 

応急措置とはいえ

詰まりは、ほぼ解消。

大満足です🎵

今月末に退院予定の両親。

二人の今後について、明日ミーティングをします。

 

ケアマネさんがケアプランを提案。

リハビリ病院のソーシャルワーカーと

父、母それぞれの看護師、リハビリスタッフ

両親と私が参加予定。

 

よい道が開けますように✨

昨日、リハビリ病院に入院中の両親を連れて

お昼にリンガーハットへ行きました。

 

車で10分ですが

11時〜14時と

たっぷりの余裕をもって外出届けを出しました。

 

手続き、着替え、トイレの介助と

慣れない外出は手間取るので

夫にも同行してもらい

主に父の付き添いをしてもらいました。

 

義理の妹が

『お母さん、母の日のプレゼントなにがいいですか?』

と聞くと、

『何もいらない。リンガーハットで長崎ちゃんぽんが食べたい』

と言うくらい、母の念願でした♥

 

無事にタクシーも手配でき

母を車イスからシートに移す介助も

前回の外泊時で練習済みで

二人の息も合ってきました。

 

いざリンガーハットへ。

 

こちらも

事前に車イスでの入店可否を確認し

混雑時を避け、12時前に入店。

 

持ち物も、替えのオムツに

お食事用エブロン、ティッシュにハンドタオル。

 

この辺りは、育児の経験が存分に発揮されました。

 

さて両親と私たち夫婦四人で

長崎ちゃんぽん、長崎皿うどん、あさりちゃんぽん、

チャーハン、餃子をシェアして

母は美味しいと大喜び。

 

母は餃子とコーヒーフロートを追加注文したほど

今まで、いろいろ抑圧された欲求を満たして

いるようでした。

 

無事、病院にもどり

薬を飲み、歯みがき、トイレを済ませ

午後のリハビリ開始14時まで約30分

気持ち良く昼寝☀😪💤

 

 

リハビリの先生に起こされると

ずっと笑って、外出の様子を話ながらのリハビリでした。

先生から

『こんなに笑うの初めてみましたよ。

もっと早くリンガーハットに行けば良かったですね』

と言われるくらいでした。

 

直前まで

いただいたスカーフを

 

『お前にあげる。だって私は、スカーフなんかして

出掛けることなんてないから』と

涙ながらながらに言う母でした。

 

でも『先生、自分にとって遠い夢だと思っていたことが、

外出してみて、近くに感じられるようになりました』

という言葉が出たことが印象的でした。

 

 

両親のリハビリ病院生活 

残すところ約1ヶ月となりました。

 

3月6日転院当初の母は

ほとんど寝たきり状態で

すっかり筋肉がなくなっていました。

気力も低空飛行。

食事も受け付けず、薬を無理やり飲んだとたん

吐いてしまいました。

持ち込みの食事は食べるので

食欲がないわけではないのですが

どうやら病院ストレスが強かったようです。

入院一週間で食事の持ち込み禁止徹底指示がありました。

 

まったく食べない。気力も全く無い。

このままでは、退院しか道がないか❗😭

とギリギリのところを経験しました。

私もストレスのピーク。

担当看護師も『どうしたらいいでしょう』と

不安げに見つめていました。

 

が、3月26日に父が同じ病院に移ってきた頃を境に

じょじょに持ち直し

今では食事はほぼ完食。

苦手なたんぱく質補助のゼリーも食べ

『嫌だな〜💦』と言いながらも薬を飲めるようになりました。

リハビリによる体の動きは

目立っての回復はないのですが

ふくらはぎやモモの筋肉は少しずつついてきました。

あと1ヶ月でどこまでいくのか?

 

そんな中

現在、退院後の生活設計中です。

 

母の帰宅の最低条件は、

ベットからベットサイドのポータブルトイレに

自力で移乗できること。

 

父は骨粗しょう症のため

母の介護で体を支えることは

危険な状態です。

 

施設も想定して

熊谷の実家近くの特養を見学もしました。

 

ケアマネさんや病院スタッフとも

打ち合わせをしています。

 

4月に、リハビリのプログラムで

自宅に外泊しました。

 

たった二日のトイレの介助で

私の腰も悲鳴をあげ

また一晩中元気な母に付き合い

久しぶりの徹夜で、

疲労困憊。

 

しかし、自宅での母の表情は

明らかに輝いていました。

 

まだまだ人生楽しめる。

自宅生活は困難も多いが

どうにか実現させてあげたい❗という

気持ちになりました。

 

自宅に帰宅するということは

両親で生活すること。

父のサポートがメインになります。

 

父は体が思うようにならない状態で

また、今まで全部母にやってもらっていたのに

これからは、母をサポートする立場になります。

 

愛情深い父ですが

歳をとって、話がくどく、心配性で

なんでも納得しないとテコでも動かない父と

介護プランを作るのは

忍耐力が必要😱

 

『父に従おう。』と心に誓って打ち合わせに望むのですが

5分もしないうちに

『さっきから10回説明してるのに何でまた聞くの?』

『それは不可能だって説明があったのに、何でもう一度

確認しなきゃいけないの?』

『1ヶ月、ヘルパーさんに24時間ついてもらったら

月に100万円では足りないよ。もっと現実的に考えてよ❗』

と、完全に戦闘状態になってしまいます。

 

 

あ〜 良い道が開けますように✨

昨日は教会で結婚式がありました❗

 

 

 

教会の結婚式って

あたたかくて

愛があって

素敵です。

 

お幸せに🍀😌🍀


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM