関西ペイント 自補修ニュースより

・廃止製品

?レタンPG2K 253 グランドメタリック 1L
?シュワミックス硬質用(3本入り)   0.15L
?レタンPG エコパラディー 712GF 0.3L

・廃止理由
 原材料事情により

・廃止時期
 在庫無くなり次第

・代替品 
 なし

東京北区のいちょう通り商店街。

さっそく この街一番乗りの
クリスマスを見つけました。



花の店 アンフィニ さんですおはな

朝夕の通勤で いつも このお店の前を
歩く時、さっと チェックするのが
私の日課です。

だって、こんな都会の中で
季節の花々や果実が並び
かすかな香りが
四季を感じさせてくれるから

それに、母の日や敬老の日などの
イベントに合わせて
素敵でオシャレな商品が並びます。

「そうだ。今度は何を贈ろうかな
今頃、どうしているかなポッ
なんて、大切な人を思ったりします。

**************************
最後まで読んでいただきありがとうございました嬉しい

もしよろしければ1日1回、下のブログランキングを
クリックしていただけると、うれしいです。
人気ブログランキングへ



今年、春から、長男が高校1年生になり、
毎朝の弁当作りがスタートした。

中学時代の反抗期ピークは越したものの
まだ、口少ないお年頃。
食べるの大好きな彼と私の接点は
唯一、食事である。

実は、この私、なにを隠そう
料理というものが、得意ではない。

だから、スタート時は、
すごい意気込みだった。

お弁当の本を参考に
1週間の献立を決め
朝一気に作る。

さらに、暖かいお弁当を食べさせたいという愛から
ステンレスランチジャーを購入した。
これが、また、お弁当のレベルをあげてしまったのだ。

すなわち、今までの箱型弁当の場合、
おかずの量に合わせて
ごはんを調整すればよかった。

しかしランチジャーは
3つの容器で完全に独立しているため
これを埋めるのが
一苦労なのである。

今では、すっかり手抜きとなり
昨夜の夕食が、
ちょっと姿を変えて
お弁当に入る。

きっと、息子も
「なんだよ・・・いつもワンパターンで
もう飽きた」なんて、思っているんだろうな・・・
と自覚していた。

そこで、今朝は、気分転換に
以前の箱型弁当に詰めてみた。

そうしたら、
出掛けにお弁当をかばんに詰める息子が
めずらしく涙目で言うのである。
「なんだよ・・・悲しい
このお弁当箱じゃ 量が少ないし。
それに、冷めちゃうよあめ

きゃ〜てれちゃう
それって、毎日の暖かいお弁当を
心待ちにしてたって事??

ごめんね。ごめんね。

明日から、暖かいお弁当
つくっちゃうぞおはな

**************************
最後まで読んでいただきありがとうございました嬉しい

もしよろしければ1日1回、下のブログランキングを
クリックしていただけると、うれしいです。
人気ブログランキングへ

22日は、息子の誕生日。
早速、今日のうちに
プレゼントを買いに行った。

彼にしてみれば、
クリスマス同様
エキサイティングな瞬間。

なかなかコレというプレゼントを
決められない彼も、今日は迷うことなく
ベイブレードのアクセサリーと
爆丸(BAKUGAN)という
対戦型バトルゲームをチョイスした。

これも成長のあかしであろうか。

購入して、一目散に帰宅。
さっそく爆丸をセッティングをしている。

次に恐れていた一言が聞こえた。

「ママ いっしょにやろう冷や汗

しかし、いっしょにやるのもプレゼントのうちである。
「よし、やろうグッド」と対戦開始。

思ったより、おもしろかった。
ルールも明快で、
なにより、スグ終わるのがいい。

ただ、対戦カードに書いてある文字が
もう少し大きいと読みやすいのであるが・・・
もちろん子供には、なんの問題もないことである。


次第に、兄と姉も、その輪に加わり出した。
そんな姿をみるのは、うれしい。

**************************
最後まで読んでいただきありがとうございました嬉しい

もしよろしければ1日1回、下のブログランキングを
クリックしていただけると、うれしいです。
人気ブログランキングへ

今日はお店に寄ってくださった
リフォーム ホタカさん(75歳)に
お話をお聞きしました。




○出身地は・・・
 福島県 白河

○東京に出てきたのは・・・
 国鉄に入社したのがきっかけです。

 なんと、東京オリンピックの年に
 開通した新幹線の
 運転手第1期生だったそうですびっくり

 当時、運転席から眺める景色は
 どんなだったでしょう電車

 その後、十条の街も走る
 JR赤羽線(現在の埼京線)の
 運転でも活躍されました。

○現在のリフォームの
 仕事になったのは・・・

 50歳の時、もともと好きだった
 体を使って物をつくる今の仕事に
 転向しました。

 当時は、怖いもの知らずで
 8階建の建物の屋上からだって
 ロープ1本でスルスルと降りて
 華麗にお仕事されたそうですよ。

 自分の好きな仕事に巡り合えて
 本当に楽しかったそうです。

 現在は、安全第一で
 あまり無理な仕事は控えていますが、
 家の内装、外装、塀の塗り替えなど
 みなさんのご要望にこたえて
 お仕事されています。

ホタカさん。
また、お話聞かせてくださいね。

**************************
最後まで読んでいただきありがとうございました嬉しい

もしよろしければ1日1回、下のブログランキングを
クリックしていただけると、うれしいです。
人気ブログランキングへ


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM